.*∞ story of nelly lady ∞*.

 

〈以下ミッキー・マジック氏より〉

 

アンダラ・ヒーリング・クリスタルが最初に見つかったのは、1967 年2 月のことでした。

 

北米、シエラネバダ山脈のふもとに住む、97 歳になるチョクタウ族のメディスンウーマン、

 

(故)レディ・ネリーがたった一つだけ見つけたのです。

 

それから十年ほどたって、アリー・キースという霊能者ヒーラーが、

 

レメディー(薬)の事でレディーネリーのところを訪れました。

 

ネリーの持っていたアンダラ・クリスタルを目にしたアリーはとても興奮しました。

 

このクリスタルだわ!ずっこのクリスタルのビジョンを見せられていたのよ!と彼女はネリーに言いました。

 

そしてほかの、特に緑の石は? とネリーに聞きました。

 

ネリーは自分の土地(約1200エーカー)で見つけたのはこれだけだと言いました。

 

アリーはもっとたくさん見つけて欲しい、そうしたら全部を買い取りたいからとネリーに伝えました。

 

そんなわけで、家に戻ったネリーは孫たちとアンダラ・クリスタルを探し始めました

 

(もっともその時にはアンダラという名前もついていなかったのですが)。

 

かなり長い間探しても一つも見つけることができないまま、彼らは家に戻りました。

 

その報告を受けたアリーはかなり憤慨して、そんなはずはないから、もう一度戻って探してみてください。

 

今度は、ユニコーンが遊びながらお互いの角を擦りあった時に出た粉だという白い粉を探すようにと、ネリーに言ったのです。

 

ネリーは実はこの白い粉の事を知っていました。前に何度も自分の土地で見たことがあったからです。

 

そこでネリーは孫たちと一緒に、今度はその白い粉を見かけた場所へ行ってみたのです。

 

そして石塊の周りの泥土をとって洗ってみると、これまで見たことのないような実に美しいクリスタルが現われたのです! 

 

見た目はガラスのようですが、火山性のオブシディアン(黒曜石)にも似ていました。様々な美しい色の石がありました。

 

ネリーと子ども達はできる限り沢山集めると、全部で900ポンド(約408 kg)にもなりました。

 

アリーはにっこり微笑んで「この惑星の人々は、このクリスタルという贈り物を受け取る準備ができたのだわ、

 

きっと地球はすぐにもっと用意してくれるでしょう」と言いました。

 

そしてひと月ほどたった頃、その通りに地震が起きて山の斜面が崩れ落ち、数トンの美しいクリスタルが現れました。

 

アリーに連絡してその素晴らしい知らせを話すと、アリーは「できるだけ拾い集めてくださいね。

 

いつか地球はそのタネ(クリスタル)を取り戻すでしょうから」と言いました。

 

その後、また別の地震が起こって山が崩れてしまい、クリスタルの大半がまた何トンもの岩や土に覆われてしまいました。

 

その後10 年間というもの、ネリーは家族らと埋もれなかったクリスタルを拾い集めました。

 

ネリーの要請により、このクリスタルは何年もかけて地球の四隅へと配られていきました。

 

ネイティブ・アメリカン、精神的指導者、先生ら、ヒーラー、シャーマン、

 

そして今癒しを必要とするたくさんの人々が、これらの驚くべきクリスタルを所有しています。

 

 

 

 

.*∞ Story of the spiritual ∞*.

 

 

地球のパワフルなボルテックスのひとつであるシャスタ山の麓、シエダネバダ山にて、

 

ネリーご婦人が預言されていた不思議なクリスタルを見つけたことから、すべては始まりました。

 

そのクリスタルの傍には、必ず白い粉がありました。

 

この白い粉は約20万年前に隕石が落ちて内破した名残りだと信じられ、いにしえの昔に次元間の内破が起こった時のもので、

 

その事象が白い粉、いわゆるエセリウムを生み出すことになったと言われています。

 

その二千年後にレムリアの巨大な寺院がこの土地に出現し、その寺院の名前がアンダラという名前だったそうです。

 

その意味は「光の街」(City of Light )。

 

このエセリウムの粉は、ユニコーンの角の粉と言われており、ある著名なチャネラーによれば、

 

これまでの理解を越える特質を持ち、人間のバイブレーションを上げ、大宇宙の波動との調和をもたらし、

 

究極の意識状態を求める者に、静寂さと平穏を与えてくれるそうです。

 

 

 

 

 

.*∞ story of science ∞*.

 

 

アンダラ・クリスタルは、物理学者の研究により、

 

特別な単原子(monatomic) の金属元素をもち、通常の金属元素とは大きく異ることが判明しました。

 

 

単原子金属は超伝導体として作用します。物質が二元化(プラスとマイナス、陰と陽)する前の状態、

 

つまりゼロ磁場と同じ、ゼロポイントエネルギー( ZPE )を伝導します。 

 

ゼロポイントエネルギーというのは奇跡のようなフリーエネルギーであり、無制限で自然、かつ自由なエネルギーです。

 

全宇宙には、微細に振動する高波動のエネルギーが充満していて、それがすべての生命を育む源のエネルギーです。

 

アンダラはエセリウムという物質が高温で熱しられ、結晶化したものです。

 

エセリウムの白い粉は、必ずアンダラの付近で産出されます。

 

ユニコーンの角をこすり合わせた時にできた粉と言われており、この白い粉を研究所で調べてみたところ、

 

素晴らしい電磁的特質をもち、地球上では非常に珍しい物質であることが分かりました。

 

それは分子、粒子、微粒子、量子、ナノテクノロジーなど、

 

最前線の科学とスピリチュアルな分野が統合されるような発見だったのです。

 

エセリウムという特異な天然のミネラルは、人体の電磁界を強め、安定化させるという驚くべき特質を持っています。

 

この白い粉の発見は、科学的にも様々な方向で興味深い展開を見せています。

 

アンダラが結晶化して、新たな物質に変容していくプロセスは、錬金術、アルケミーの領域であり、

 

宇宙的な高次元のエネルギーがこの世に個体化した奇跡のような現れです。

 

アメリカのブルース・タイニオの1997 年のレポートによれば、アンダラ・クリスタルの電磁界を分析したところ、

 

電磁場の放射パターンが通常のガラスとは異なることがわかりました。

 

またアンダラクリスタルはヘリオセントリック(Heliocentric) と呼ばれる、

 

太陽中心の構造をしているということが分かりました。

 

つまりアンダラは太陽の光を吸収し、その中心で(クリスタルの螺旋構造において)光を跳ね返すのです。

 

 アンダラ・クリスタルを自然の太陽光のなかで手に持つことは、科学的にもヒーリング効果が認められているのです。

 

 

 

 

 

.*∞ andara and my story ∞*.

 

アンダラとの出会いをもたらした、私のなかで目覚めたアトランティスとレムリアの物語。

 

♢その1 アトランティスの記憶♢

 

神聖なエネルギーがあふれる光の神殿∞*

 

アトランティスには、深い叡智、高度な技術、自然と調和した美しい科学がありました。

 

宇宙は身近で、他の星々から派遣された者も多く、星と星は深く繋がりあっていました。

 

私はアトランティスで、音(周波数)、クリスタル、植物を使うヒーリングをしていました。

 

その頃の特技を活かして、今世ではヒーリングジュエリーを生みだしたり、

 

音叉とメディカルアロマとクリスタルヒーリングが融合したヒーリングを行っています∞*

 

アトランティスの記憶が蘇った頃、ある方からアンダラ レムリアン クリスタルをプレゼントして頂きました。

 

シエダネバダからカウアイ島経由で屋久島にきた、グリーンのエメラルドシフトというアンダラ。

 

第一印象は、イルカ〜♡♡でした。

 

そして魂の準備が整うと、アトランティスが崩壊する時の記憶も蘇りました。

 

神官や巫女のような守り手たちは、アトランティスの崩壊が、

 

宇宙全体や時空間に大きな混乱とダメージを与える事を承知していました。

 

そして偉大な叡智を守るために、多くの仲間と命をかけて懸命に働きました。

 

しかし、その努力は報われず、アトランティスは崩壊しました。

 

その時私は、アトランティスを守るという責任を手放し、ようやく大切なことに気づきました。

 

私が本当に守りたかったものは、

 

偉大な叡智や、繋がりあう星々ではなく、地球に生きる、植物や、鳥や虫や動物たちの命だったと。

 

本当に大切なものは、すぐ目の前にあった。

 

地球が育む、尊い自然や命こそが、

 

完璧に循環ながら、美しい愛と調和の世界を生みだしていると気づきました。

 

守れなくてごめんなさい。

 

気づかなくてごめんなさい。

 

私は自分の愚かさを悔やみつつも、地球の自然や生き物たちへ、愛と感謝を感じながら死を迎えました。

 

 

 

 

♡その2 レムリアの記憶♡

 

愛と調和の世界∞*

 

レムリアでは、地球と愛し合い、自然や生き物たちと楽しむ平和な一生を満喫して、

 

愛と調和のなかで、地球と共に生きる喜びを体験しました。

 

レムリアでは、音=周波数で物を操り、手術のようなことをしたり、エネルギーを調整するお仕事をしていました。

 

深くリラックスした脳波で、物やエネルギーを操る音を奏でますので、

 

いつも仲間たちとゆったりくつろぎながら過ごしていました。

 

仲間と美しい音を奏で、長い時間をイルカと過ごし、生き物たちと深く愛し合うことができました。

 

海のなかでも呼吸ができて、陸にいるときも日常的にイルカや海の生物とテレパシーで会話していました。

 

個体である感覚よりも、全体である感覚のほうが勝っていました。

 

そのため、悲しみや苦しみを抱く者がいれば、すぐにみんながキャッチして、愛を送りました。

 

レムリアでの一生は、私のいくつもの人生を支える宝∞*

 

レムリアのエネルギーが目覚めたことで、私の元へ辿り着いたアンダラは、レムリアで共に過ごしたイルカだと分かりました∞*

 

イルカの名前はティール。

 

おしゃべりが大好きで、何も覚えていない私に、色々なことを教えてくれます。

 

波動の高いレムリアのイルカのエネルギーをこの星に留めるには、

 

それに共鳴できるアンダラやクリスタルを媒体にし重さを纏う必要があるそうです。

 

アンダラを介して、今も変わらぬティールの愛を受けとることができます。

 

人生には、輪廻転生を越え、再び巡り合う、深い絆と愛がいくつもあります∞*

 

その頃、ヒーリングライアーという楽器にも出会い、

 

ある日、まだ出会う前でしたがヒーリングライアーの先生と友人が夢に現れてくれました。

 

その夢で、友人と私は先生から何かを学んでいて、

 

友人は「わたし、思い出したんです」と言って、この世では聞いたことのない、ゆったりと流れる美しい言葉を話しはじめました。

 

レムリアの封印を解く言葉です∞*

 

その言葉を聞いて、私は魂から号泣し、私のなかのレムリアのエネルギーが拡大しました。

 

そして現実でも奇跡のような流れに恵まれ、月満ちる屋久島でヒーリングライアーを作ることができました。

 

私にとってヒーリングライアーは、天界や女神性と繋がり、レムリアを思い出す音色とエネルギー∞*

 

奏でると、一瞬にして脳波と意識がシフトし、自然と共鳴、同調します。

 

私が体験している、アトランティスとレムリアの再浮上は、

 

本当の自分に還るためのエネルギーや、女性性のさらなる開花のエネルギーを呼び起こすもので、

 

これは、私一人の流れではなく、共に歩むsoul familyと巻き起こしている大きな波であると観じます。

 

私のなかでは、アトランティスからレムリアへの旅が、その波を生みだすエネルギーでしたが、

 

きっと一人ひとりが、それぞれの魂のための体験をされているのでしょうね。

 

戦うのも、立ち向かうのも、挑戦するのもおわり。

 

心地よいところへ向かいます∞*

 

ルールや基準などなく、それぞれが心地好いところにいる。

 

それが真の調和です∞*

 

ますます広がり、繋がりゆく、それぞれの旅の先には、一つの光∞*

 

皆さまの旅を祝福しています。

 

そして、私の内なるレムリアの目覚めは、アンダラ レムリアン クリスタルへ繋がりました∞*

 

レディ・ネリーと親交が深かった、ハワイに住むあるご夫婦とご縁が結ばれ、

 

ネリーご婦人の土地から発掘されたアンダラたちを授かりました。

 

レムリアのエネルギーが残るハワイを旅して、屋久島に辿りついたアンダラたちは、虹のエネルギーで祝福されています♡

 

わたしは去年はじめてアンダラのエネルギーにふれて、その素晴らしさに感動しました(*^^*)

 

他の鉱物とは明らかに異なる、多次元で宇宙的な光を宿しています。

 

旅立ちのタイミングは天とアンダラに委ね、必要なときに、必要なところへ、お届けいたします∞*